世の中はお金で動いている

お金を徹底開設

最近はキャッシングというものが流行っているが、そもそも通貨とは。古代に暮らし、通貨と言うものを初めて考え出した、人間達は実に賢い人間で有ったと思う。その昔、物々交換を行っていた暮らしでは、地理的な距離が遠ければ不便を強いられますし、又、必要とされる品物が大きい場合なども、相手側にも不要な労力が掛かります。世界では鉄道や乗り物などの発達と共に、各々の国々の町や村に至るまで交通網なども徐々に広がり、数千年の時間を経ながら、紀元前より各国との交易により、通貨の使用、通貨の交換と共に、物を売り買いする人間達の間に立って、商売をする金融機関も現れ始めました。

例えば、手元に大きな金額を置けば盗まれたりすると言う危険性も有りますし、金融機関に預けて運用すれば安全と利息が保証されます。自分が買い物をした際にも貨幣に触らずに金融機関同士で、お金の受払をやってくれますし、必用な品物は直接手にする事が出来、或いは手に余るようでしたら運んで頂く事も出来ます。

それだけでは世界は廻らない

例えば、手元に大きな金額を置けば盗まれたりすると言う危険性も有りますし、金融機関に預けて運用すれば安全と利息が保証されます。自分が買い物をした際にも貨幣に触らずに金融機関同士で、お金の受払をやってくれますし、必用な品物は直接手にする事が出来、或いは手に余るようでしたら運んで頂く事も出来ます。

通貨は使い方によっては人間に対して有用な働きもしますが、間違った使い方をすれば人間に仇を為す働きもします。通貨自体に、善いも悪いも有りませんが、それを扱う人間の心映えが悪いと、大事なお金に一生苦しめられる場合も出て来ます。

世の中はお金で動いている事も事実ですが、それだけでは世界は廻らない事も又、事実です。人間と言う存在は弱い者で有りますし、お金を上手に扱うべき時に、欲を求め、必要以上の物を求めた結果、人生の道を踏み外す事が多い事は、世の多くの人間達が証明している処です。

お金に振り回されず、この世に於いても賢く扱う為には、自分自身にとって必要以上のものを求めず、他人に迷惑を掛けない程度の生活で満足すべきです。お金を扱う人間が、お金に使われるようになっては、本末転倒と言うものです。お金は人様の為に使ってこそ、巡り巡って自分や自分の愛する人達の為に、まるでブーメランのように、何時か舞い戻って来る性質のものなのです。誰でも困った方達に対して、出来る範囲内で助力を行う事は、それは私達に通貨という手段で物の売買をする事を許された、神様の意に沿うものとなります。

人間に出来る事は神の目の前に相応しい善行を行う

お金は水たまりのように自分の懐だけに留めて置けば、何時か腐敗しますし、或いは水の流れのように、賢く使えば社会に於いても、個人の生活に於いても、時に叶って或いは、人に叶って、必要な働きをしてくれるものだからです。何時か自分達が死んだ際に、お金は持って行く事は出来ません。人間に出来る事は神の目の前に相応しい善行を行い、天の銀行にその行いを積む事だけです。